« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

経過観察。その2。

ユキのお熱は、なかなか腰がすわっているようです。
 
昨夜、2時~3時頃に39度台に突入した時は、
いよいよ病院も検討しましたが、ママ友 がっつさん のコメントにも
あるように夜間救急に行っても待たされるだけ辛いなと思い、
40度になるまでじっと我慢することにしました。
でも、こうなると不思議なもんで、病院に連れて行きたいから
早く40度になってほしいような背徳的な(?)気持ちになったりして、
本末転倒もいいとこ。あべこべ。
あべじょうじ。あべみつえ。あべしんぞー。あう゛ぇ。うぇぇぇぇ。(ノД`)
 
 
 

ユキはちょこちょこ起きては、パイパイをほしがるんだけど、
お腹が減ったわけではなく心細いみたい。
例によって、添い乳しながら うつらうつらと 沈没しかけることも
あったけど、ほとんど眠れずに朝になりました~。
太陽が黄色いよー。('ω`;)
よく行く O小児科は11時まで予約がうまっていたので、I 診療所へ。
ここは、内科と小児科が一緒なので、大人の患者さんもいっぱい。
電話予約で行ったけど、30分くらい待たされました。
 
ユキはその間、「帰りたいコール」。鳴りやまず。
待合室で、3人のおばさんから声をかけられあやされてるのに、
ユキは容赦なくすべてギャン泣きで応酬。
こおゆうのって、泣かれた方は結構凹むんだよね。。。
良くして下さったのに、ほんと、すみませんです。はい。(-"-;A
 
 
  
 
 
だけど、こんなのまだ序の口。
診察室に入ってからがスゴかった。
先生が何を言ってるか聞こえないほどの、泣き声。過去最高。
 
「この泣き方は熱で泣いてるんじゃないね。ここがイヤなんでしょー」
なんて、最初はおおらかだった先生も、ユキのエンドレスな雄叫びに
 
 
  
 
 
「この子はほんとに、文句言いッ子ねぇ!」
 
 
 
 
 
と、呆れ顔。
すみません。私にもこのサイレンの止め方は分かりません。。。
結局、ノドが腫れてるから風邪かもしれないし、突発性発疹に
なるかもしれないし、今の段階ではまだ判断できないそう。。。
一応、抗生物質が入った粉薬、シロップ、座薬をもらってきました。
 
 
 
夕方、38度7分から下がらなかったので、座薬を入れてみました。
初めての座薬にドキドキものだったけど、思ったよりも抵抗されずに
入れることができたものの、ユキにはいい刺激になったのか、
その10分後にウンチされちゃった。。。とほほ~。
 
 
 
 
お熱は、上がったり下がったり。
今はまた、39度5分まできてしまいました。
お熱以外に症状がないので、やっぱり「突発」なのかな~。
今日も寝れないな…。
もう少ししたら、2度目の座薬にレッツ☆トライ!
うふ。クセになりそお ・゜:*(´ω`*人) ←嘘ぴょ~ん。
  
 

| | コメント (5)

2006年9月28日 (木)

経過観察。

ユキがお熱になりました。
夕方5時頃、ちょっと お手てが熱いかな~って感じだったので
計ってみたら36度4分。
ユキの平熱は35度台と低めなので、ちょっと熱っぽいくらい。
でも、なんとなく上がりそうな予感があったんだ~(´・ω・`)
 
覚えたてのズリバイ(前進)で、あっち行きこっち行きする子が
「かーちゃぁん☆LOVE」
て感じで、抱きついてきて離れず、遊ぶにしても膝の上から
おりようとしなかったし。
水分補給にと思って、パイパイにしたら1時間も離さないし。
真面目に吸ってはいないんだけど、くわえていたいみたい。
 
調子が悪い時の甘えん坊モードって、いじらしいんだけど、
すごく心配。。。
「ママがいるから安心だよね」
て目で見つめられると、胸の中の色んな不安もまるでないみたいに
「大丈夫。すぐ良くなるよ」
と頭をなでなでして言ってきかせるけど、心はグラグラ…
 
 
 
案の定。
7時には、37度4分。9時には、38度4分。
ユキはいつものハジケッぷりはないけど、そこそこ機嫌はいいみたい。
でも、『ママ欲求度』は、熱とともに上がる一方。
バァバじゃダメ。ジィジなんて論外。
 
今は、私の隣でスヤスヤ眠っています。。。
とりあえず、1時間ごとに熱を計って、もっと上がるようだったら
病院に行かなきゃね。
なんども育児百科を読み返して、自分の処置が間違ってないか
確認。確認。また確認。
ジィジは「もう病院に行け」と言うけど、でも、そこまで緊急じゃ
なさそうだし、もう少し経過観察。。。。
 
 
 
あぁぁぁぁ
 
 
 
ほんと、これでいいのかなぁ。
アレコレ言われると余計に不安になるよ~。
ユキちゃん、がんばれー!
頼む。がんばれ。がんばってくれぇぇぇ~。(by武田鉄也)
↑おふざけは、これで精一杯。
 
 
 
 
 

| | コメント (7)

2006年9月25日 (月)

ドタバタ。

先週、バタバタしちゃって大変でした。
日記に書きたいような出来事もたくさんあったんだけど、
夜はユキに添い乳しながら、母も撃沈。。。タイタニック。
朝まで、あられもない格好のまま。
秋の朝方の冷え込みを、肌で実感してます。
こんなとき、旦那なる甘酸っぱい存在の人がいなくて良かったと
本気で思ってしまう、今日この頃。みなさん、いかがお過ごし?
 
 
 
 
 
20日。
アロマテラピーの学校で同級生だった友達が遊びにきました。
こんな露出狂の私でも、実はアロマセラピスト。(^・ω・^)b ウホ!
一年前まではサロンで働いておりやした。今じゃ、遠い昔よ~。
 
で。
セラピストになるには、60分のアロマトリートメントを30回行って
カルテを提出しなきゃいけないので、私にモデルになって欲しいと
いうことで、はるばるとウチに来てくれました。
 
 
 
久々のトリートメント。
パチュリとラベンダーのオイルで、全身をみ~っちり、た~っぷり。
 
  
 
 
「っはぁぁぁぁぁ~」
 
 
 
 
なんだか、毒気(?)が抜けていきました。
あーあ。
また、アロマの仕事もしたいな。。。(ノω・、)
将来のことや現実を考えて諦めた道。でも、捨てるには惜しい。
いつかは再開できるようにしておこう。
なんつって、もう一年もセルフマッサージすらしてないけど。
どひー。
  
  
 
 
 
 
21日。
高校の同級生でもあるママ友と、ららぽーと へ!
すでに2回、雨でお流れになってたので3度目の正直…の、はずが。
 
 
 
ななななななんと、月1回の定休日。
 
 
 
確かに、入り口横のスタバをチラッと見たらお客さんが少なかった。
でも、「平日はそんなもんか~」とノンキに思いつつ中に入ったら、
ショッピングモールは薄暗く お店にシャッターがおりてました、とさ。
 
 
 
 
とさ…じゃねーよ!!!! ヽ(*´ー`)ノ┌┛)`Д゜)・;'
 
 
 
 
ユキの ららぽデビューを、すっごく楽しみにしてたのにぃ。。。
ママ友なんて、電車を乗り継いで、はるばるやって来たのにぃ。。。
 
 
とりあえず、定休日でも営業しているスタバに入って
秋の新作 パンプキンスパイス・ラテと きのこのホットサンドを注文。
かぼちゃのラテ、なかなか美味しかったです☆
ここで、バァバにメールして、車をだしてもらいアリオまで遠征。
秋物の お洋服もカバンもブーツも確かにステキだったけど、
子持ちししゃも な私達は、そんなもん すべてスルー。
子供服だけ物色して、次々とお店を渡り歩き、初めて全店を
見ることができました。
でも、な~んも買わなかったけど。(-"-;A
 
 
 
 
 
今日。24日。
マイクロソフトオフィススペシャリストの試験を受けてきました。
最初、1万円もする受験料にビビッて受ける気なかったんだけど、
模試の結果が良かったので、ダメ元で受けてみようかと。
でも、10日に講習が終わってから、まったく練習できませんでした。
なにかとバタバタしちゃって、夜、ユキが寝てからやろうとすると
物音がイヤなのか、電磁波に反応してるのか、必ずグズりだすし。
 

  
昨日の試験前夜も「今夜がヤマだ!」と思ったのに、
なにやら肌寒くて目が覚めると、すでに朝。。。またかよ!
今朝ほど、自分のだらしなさにボー然とした日はない。。。(´・ω・`)
で。
ワイセツ物陳列罪な私の試験結果は…。
 

 

 
 
  
1000満点で合格! ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ イェーーーイ !
 
 
 
 
 
今回、受けたのはワードだけど、少しは再就職に役立つかな…と。
冬にはエクセルの講習もあるそうなので、応募してみよ~っと。
倍率が5倍くらいあるそうなんだけど、これもダメ元でね!
↑すっかり前向き。
 
 
 
はぁぁ。
それにしても疲れた。。。
日記には書かないけど、ベビーサインの体験会に行ったり、
幕張メッセの家具バーゲンに駆り出されたり、ハローワークやら
病院やら役所に行ったりで、とにかくドタバタでした。
その間も、ユキは色んな事を覚え始めて、それも日記にしたいのに
疲労と睡魔には勝てません!
 
 
 
ユキちゃん、ちょっとタンマ!!!
そおゆう初めて記念は、忙しくない時にして~!!!!!
などと、我が子の成長に追いつけない母。

でもまぁ、とりあえず、これで一段落ついたかな。
 
 
 
 
 
………やべぇ。
ユキがいつの間にか前進を覚えてるよ!!!! ( ̄д ̄;)

 

 

 

 

| | コメント (10)

2006年9月17日 (日)

産みの苦しみ?

最近、ユキの灰色の脳細胞は増殖している模様。
私が、学資保険だ!ハローワークだ!パソコン講習だ!と忙しくして
いる間も、ユキはちゃくちゃくと色んなことを学習し始めています。
今回はトイレ編。興味ある人だけ読んでね☆ ( *´艸`)

 
 
 
10日。最後のパソコン講習日。
ユキはバァバとお留守番。
いつもは、講習中もユキのことが気になってしかたなく、私の方から
こまめにメールして様子を伺うんだけど、この日は最終日なので、
ひたすら模擬試験をやることに。。。(゚A゚;)
 
 
朝9:30から、ずっとパソコンにむかってカチカチ問題を解いていると、
ケータイがブルブルブル…。
バァバからのメール!
ユキに何かあったのかしら!?
こうなったら、模試なんてそっちのけ。
ケータイを取り出し、メールをあけてみると…。
 
 

 ……………………………………………………………………… 

件名:
ピンポン!ピンポーン!
 
本文:
ウンチしました。
いつものように、あぅあぅ 言うけどなかなか出ないので、
トイレなら出やすいかと。
座って、あちこち触っていたらオシリがモヤモヤしたのか、
うーん ときばったらするすると出ました。
記念にカメラで撮っておきましたが、うつってるかな。
洗い流してオッパイ飲んで、いま機嫌よく遊んでいます。

 ………………………………………………………………………  
 
  

バァバ!
そそそそんなことで、メールしてきたんかーい!!! Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 
 
 
 
てっきり、ユキがお熱を出したとか怪我したとか、最悪のことを
想像しちゃったよぉ。。。(TДT)
たしかに、ここんとこ便秘気味で心配だったけどさ~。
件名が、ピンポーン!って楽しそうだな~、おい。
てか、カメラで撮っておいたって、何をだろ!?
ユキがトイレに座っているところ?
それとも…ブツ…? まさか…???
 
 
 
 
色んな意味で、色々と気になるメールにとりあえず返事をして、
静かにコチラをにらんでいる先生にペコリと頭を下げ、集中!集中!
あー。
でも、バァバは一体なにを撮ったんだろ。気になるぅ 。。。( ̄ロ ̄lll)
 

 

 

ようやく講習が終了。
ひたすら6時間、模試を続けて脳みそトロトロ。
ウチに帰って、ユキとは9時間ぶりの再会。
母は「会いたかったよぉぉぉ」と、感激の抱擁。
ユキは「いいから、早くパイだせやー!」と、胸ぐらをわしづかみ。
母への恋しさより食欲です。秋ですから。
 
 
 
パイも終わり、バァバにお待ちかねの写真について聞いてみる。
バァバ、へーぜんと言ってのけた。
 
 
 
 
 
「何を撮ったのって、そりゃ、ウンチの写真に決まってるじゃん。
 だって、こんくらいの太さのが、こーんくらいの長さで……(以下略」
 
 
 
 
 
 
 
リアルな説明を聞きながら、息子のウンチ写真を見せられる私。
うん…そおね。
便秘がなおって良かったね。
9ヶ月でトイレでウンチなんて偉いぞぉ。
私もよく、ユキのあられもない写真を撮るけど、あれはバァバ譲り
なんだなと確信した一日でした。
(さすがの私でも、その写真はアップしないのでご安心を) 
 

 

 
とか、言いながら…
  
Dsc00291  
昨夜。遊んでる途中で腰を上げ泣き出すユキ。
これはウンチの合図。
(これくらいの写真ならいいよねw) 
 
 
 
Yukitoire_1  
(さらに…)
曽祖父が使っていた介護用のトイレに座らせてしてみた。
抱き合ってないと便器の中に落ちちゃう。
はぁ~。スッキリ!毎回、大泣き&汗だくになる。一仕事だね。
 

  

| | コメント (7)

2006年9月16日 (土)

秋の夜長の過ごし方。

ここんとこ、何かと忙しかったです。
なぜかとゆうと、ユキの保険について悩んでおりました。。。
教育費だけで、1千万円は下らないとゆう時代。
学資保険はやはり入っておくべきかと。ふむ。(ーωー`) 

  

  

で。
保険会社の資料を、片っ端から請求して送ってもらったものの、
ちーっとも分からん。(・・。)ゞ
夜。ユキが眠ってから、保険会社のサイトで実際にシミュレーション
して、それぞれの結果を、エクセルで一覧にしてまとめてみる。
↑こおゆうとこ すっごくマメ。損したくないじゃない?ケチとも言う。
 

 
うーむ。
やはり、教育資金と医療保障は切り離さないと返戻率が低いなぁ。
(返戻率…支払額に対しての受取額。返戻率が低いってことは、
 もらえるお金よりも支払う方が多い「元本割れ」の状態ってことね。)
中学や高校の入学時にも、お祝い金って必要かなぁ。
私に何かあった時は、その後の支払い免除ってのは大事だよねぇ。
うーむむむむむむ。。。。。
 

 

寝ているそばでパソコンをカチカチやられて、ユキは何度も起こされて
かわいそうなんだけど、昼間はじっくり調べてるヒマなんてないし。
早く決めないと、ユキの誕生日が来て被保険者1歳での契約に
なったら、保険料が高くなっちゃうし。
 
あーもう!
考えなきゃいけないことがありすぎて、「イヤになっちゃうよう!」
(↑泳げ!たい焼き君風に)
ほんと、ケンカして海に飛び込みたい気分。。。 (ノ◇≦。)
でも、どうせならエーゲ海とかカリブ海がいい。東京湾、きちゃない。
などと、逃避してみる。
 

 

 
そんなこんなで、悩みまくること2週間。寝不足つづき。
 

 

 

 

決めた!○○生命にする!!!

 

  

 

勢い込んで、ジャスコの「保険市場」に予約を入れる。
丁重にお迎えしてもらって、紅茶を出され、ちょっとドキドキ (・Θ・;)
保険なんて、自分で契約するの初めてだし、高い買い物だしね。
うやうやしく出された受付簿に、住所、氏名、生年月日、家族構成、
職業を記入。いつもよりキレイに書いちゃったりして。
 

 

 

「職業:無職」

 

 

 

それを見ていた受付の方。
「え!無職なんですか?…失礼ですけど、ご結婚は?」
「してません」と私。
「そうしますとぉ…そのぅ、大変、言いにくいのですが、○○生命は
 ご結婚されてない無職の女性はお申し込みできないんですよ」
 

 

 

マジィッすか!!???? ( ̄д ̄;)!!
 

 

 

ちなみに、結婚している専業主婦は無職でも申込みできるんだって。
こんなとこで、けつまずく とは思ってもいなかった。
 
ちぇー。
なんだよぉ。
そんなに、あたしゃ 社会的信用がないのかよぉ。←そりゃそうだ。
ケッ。
ふんだ。
もういいよーだ。ばーかばーか。 ヾ(`Д⊂ヽ
 

 

 

とゆうことで、また一から出直しです。
 

 

 

あれこれ悩んで、○○生命に惚れ込んで決めたのにガッカリ。
でも、「保険市場」の方から、もっと率のいい保険を教えてもらい
ました。学資保険じゃないんだけど、そおゆう考え方もアリかなっ
て感じ。やっぱ、プロは違うね☆

さて、と。
もう一度、人生プランを練り直さなくっちゃ!!
秋の夜長は、保険シミュレーションでふけていく。。。。

 

 

| | コメント (8)

2006年9月 5日 (火)

ありえないっす。

ウチのジィジ、ありえないっす!
かなりワガママとゆうか傍若無人とゆうか亭主関白とゆうか、
根本的に、とりあえずヒトとしてどうか?…と。
 

 

今日の晩ご飯。
買い物で帰りが遅くなったバァバが、大急ぎで夕飯の支度。
(私は授乳中でみんなと食事内容が違うため、私とユキのご飯は
私が作って、ジィジの食事は主にバァバが作っています)

居間で、ジィジは夕刊を読み、私はユキにせっせとオカユを食べ
させていました。

  

 
「遅くなってすみませーん。今日はサンマです。」
 

と、バァバがお盆に、ご飯、お味噌汁、サンマ、香の物、お箸、
を載せてきました。
ジィジは「食事はいっぺんに全部そろって出てこないとイヤだ」と
言うので、こうやって、全部が温かいうちに揃うようにバァバは
苦心して作って運んできます。
それを見たジィジ。

 
ジィジ   「俺は食わねーぞ。生姜焼きが食べたいって、
      昼間言っただろうが!」
バァバ  「そうでしたけど、サンマじゃだめですか?
      もう焼いちゃったし…」
ジィジ   「はぁ!? もういいよ! 今日は夕飯いらん!」
 

………ありえねー。( ̄д ̄;)
子供じゃあるまいし。
作ってもらってるんだから、何でもありがたく食べろや!(怒)
ユキにオカユを食べさせながら、一言、言ってやろーかと
思ったけど、ここで私が口を挟むと余計にこじれるんだよね。
やになっちゃう。
 

バァバ  「…分かりました。じゃ、ちょっと待って下さいね。
      今から焼きますから。」
 

てことで、何も言い返さず、バァバは生姜焼きを作ってあげました。
それに対して、お礼の一言もないジィジ。
しかも、二人分のサンマを食べた(私も少しお手伝いしたけど)
バァバに対して
 

ジィジ  「サンマが嫌いって訳じゃないんだよ。今日は生姜焼きの
          気分だから食べたくないんだ。サンマな気分の時に
           また焼いてよね」
 

………知るかっ!(怒怒怒) (*`∧´)=〇)`Д゜)・;'
確かに食べたいものが決まってる時ってあるけど、せっかく作って
もらっておいてそれはないでしょー。
しかも、お礼の言葉もなく、「サンマな気分」って何だよ!
さすがにバァバも無言のまま。
あーあ。
静かに怒ってるんだろーなぁ。
それがジィジには伝わらないんだよね。
 
 
  

ほんと、この子供っぽいワガママさは治らないかなぁ。
 

 

ユキが生後2~3ヶ月の頃。
夜8時くらいになると毎日なぜか大泣きしてた時、
ジィジは「うるせぇなぁ」と言いながら、自分が見てるテレビの
ボリュームを上げてたんだよね。
その音で、ユキがさらに泣き出して、バァバはジィジが怒り出す
のが怖くって「2階の部屋にいきなさい」と言ってた。
 

1月や2月の寒い時期。
ストーブをつけてない私の部屋に避難して、
寒い中、部屋が暖まるまで大泣きのユキを毛布でぐるぐる巻いて
悔しいような悲しいような気持ちであやしてたっけな~。
バァバも、2階に上がってきて、交代で抱っこしたっけな~。
  

はぁ。。。懐かしい。 (ノ_-。)

 

 

今は、ジィジもユキがかわいくなってきたらしく
「じぃちゃんのとこに来るかぁ?」
と甘えた声で言って、抱っこしたり遊んでくれたりしてるけど。

たまにユキが「あぷー」と言いながら、
ジィジの顔にビンタしたり、目玉をつかんだり、髭を引っ張ったり
するので、私とバァバは「あらあら、おじいちゃんにダメよ~」と
言いながらも、内心では
「もっとやれー。ユキ、そこだ行けー!」
と思っていたりしてね☆ ψ(*`∀´)ψケケケ

  
明日のお茶の時間は、バァバと2人で、サンマ話で盛り上がるん
だろうな。
ジィジの「ワガママ」に文句つけながら、お茶とお菓子が進む!進む!
それにしても、よくバァバは熟年離婚しないなぁ。
ほんと、その忍耐力には感心しちゃうよ。

 

| | コメント (12)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »