« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

はしょり日記

もう2月も終わりなんですね。あっという間だったなぁ~。
 
日記もためにためたから、一体、いつの出来事だったのやら
忘れちゃったけど大きな出来事(?)だけ書いておきます。
 
 
 
 
   
★ジィジの病院にお見舞い
 
1日おきにバァバがお見舞いに行ってるので、その空いてる日に
私が行ってみることにしました。(ユキはお留守番)
 
病室でのジィジは、思ったよりも元気そうだったので一安心。
午後には次兄もお見舞いに来たので、3人でいろんな話をして
きました。
 

帰りに、次兄の提案により、2人でお茶をすることに…。
 

ウチの兄妹は、普段、ほとんど交流がないので、ジィジという
話のネタが不在で、2人だけでいったい何の話ができようか?
と思ったけど、それは同じように兄も思ってるはずなので、
誘ってくるからには何かあるんだろう、と ついて行きました。



両親の生活、介護、いずれは最期を看取る、ということまで、
そろそろ真剣に考えなくちゃいけなくなったな、と話す次兄。
考えたくはないけど、今から考えておかないと「いざ」という
時に対処できないだろうしね、と私。
近々、長兄も交えて兄妹3人でどうするか決めてから、両親の
意向を伺おうということに決定。
 
 
 
 
若い時は「人生」やら「生き方」やらを考えるけど、ある程度の
年齢になったら「余生」や「死に方」を考えなくてはならない。
 
本人はもちろんだけど、家族も同じ。
 
なにより、本人の意志をちゃんと理解して、みんなが納得して
いなくちゃいけない。
できれば話題にしたくない内容だけど、真剣に考える時間を
与えてもらったと思ってムダにしてはいけないよね。
 
きっと、両親もそれは十分 分かってるだろうけど、デリケートな
ことだから少しずつ話題にしていって、時間をかけてみんなで
考えよう、ということに。
なんだか、兄が「兄らしく」見えました。ちょっとだけど。
 
 
 
 
 
 
★ユキが怪我をした!
 
今まで、病院から緊急に連絡が来ることを心配して、なかなか
遠出できなかったんだけど、ジィジの術後もだいぶ落ち着いたよう
なのでアリオまで行ってきました。
 
 
お昼は、気になっていたお店「沖縄料理 わだや」に行きました。
 
 
 
座敷テーブルにして、ユキには豆イスを出してもらいました。
沖縄ソバ、ゴーヤチャンプルー、サーターアンダギーなどをユキも
一緒に堪能しました。どれも美味しかった~。
 
 
最近、食べながら動き回ることが増えてきたユキ。
 
 
この時も、豆イスに両足を乗せ両手はテーブルにのせて、まさに
人間ブリッジの状態。(ウチでも食事は常にこの姿勢)
私が箸で食べ物を口に入れてあげてました。
さて次は何を食べるかな?と、私が目を離した瞬間、イスが滑った
らしくユキが落下。テーブルに激しくアゴを打ち付けました。
 
 
 
ビックリしてユキを抱き上げると、口からダボダボと流血。
 
 
顔を真っ赤にして泣き叫ぶユキを、可哀相だけど引き離して、
口の中をチェック。上の歯が唇に刺さったらしい。歯は折れてない。
拭いても拭いても血があふれてきて、ああ、もうほんとに、
我が子の血を見るなんて、身も凍る思い。私ってバカ!最低!
危ないことは分かってたけど、注意しても怒ってもいつもやる姿勢
だから、もういいや、見てれば大丈夫だろうって思ってた。
 
今回は唇を切るだけで済んだけど、口の中に箸が刺さることも
あり得るし、歯だけでなくアゴを折ることもあり得るんだし。
 
 
何度 言っても聞かないことは、ついつい「じゃあ好きにすれば」って
思ってしまうけど、そこをちゃんと叱るのが「しつけ」だよね。
深く深く反省しました。 
 
 
 
 
 
 
★ユキの新しい芸
 
ある日。
ユキの腰を足の方から抱えて、頭をぶ~んぶ~んと振る遊びを
していたら、いつもと上下逆さに見える景色を気に入ったのか、
床に降ろしてから こんなポーズをとるようになりました。
 
Dsc01966 
 
Dsc01967 
欲張って100cmの大きめパジャマを買ったため、ズボンずるずる。
オムツ もっこり。
お腹も もっこり。ユキのまゆげしか見えない。
 
 
ママ友 がっつさんのブログで以前 読んだんだけど、これが噂の
「一昨日見(おとといみ)」っていうやつ?
ウチの子も、こういうことができるくらい大きくなったのね、と
ちょっと感動。・゜:*(´ω`*人)
ユキは相当 楽しいらしく、何度も繰り返しやってました。
 
バァバに聞いたら「下の子ができると上の子がやるんだよね」と
言っていたけど、ええっ!! まさか第2子妊娠!!???



 
 
…んな、アホな。
それだけは、あり得ん。ババッち、迷信もたいがいにせー。 
 
 
 

 

| | コメント (5)

2007年2月20日 (火)

拝啓、父上様。

何をどう書こうか、どこまで書こうか、何日も悩んだんですが、
つらつらと記しておこうと思います。(注:わりとヘビーな内容かも)
 
 
  
ジィジ(以下、父とします)が入院しました。
肝臓ガンを長く患っている父は、病変を切除するという外科的な
処置を行うことができず、今回は血管を塞栓してガン細胞に
栄養がいかないようにする方法になりました。
 
 
昨年末に放射線治療を行った肋骨以外にも、骨盤に転移している
ことが判明し、さらに肋骨に照射したはずの放射線が肺にも
当たっていたためか10万人に1人という難病の肺炎をも併発して
しまいました。
 
 
父がガンになって6年近く。
それでも、どこか「ガン」という病気は私にとって他人事だったけど、
食欲が落ち首から肩にかけて見違えるように痩せてしまった父を
見ていると、氷の手で心臓を握り潰されるような思いがします。
 
 
 
少しずつ行える治療法が限られていく。
 
 
 
どんどん身動きがとれなくなって、何者かに頭を押さえつけられて
残されたただ1つの道を、どんなにあがこうとも、直視するように
突きつけられる感じ。
 
 
 
 
人間は自由ではない。
自分でなにもかもコントロールできるわけじゃない。
 
 
 
 
とても当たり前のことなんだけど、普段は考えもしないことを、
毎日 気が付くといつも考えている。
言葉に出してしまうと現実になってしまいそうで、詳しくは
書かないけど、私は父のことがとても心配です。
 
どうぞ、少しでも元気を取り戻して、ユキと一緒にお散歩できる
ようになってください。
ユキが「ジィジ」とあなたを呼ぶまで、楽しい思い出を記憶できる
ようになるまで、どうぞ頑張って下さい。
相変わらず憎まれ口の減らないあなたなんですから、昔からの
ことわざにもある通り、どうぞ好きなだけ世にはばかって下さい。
 
 
 
 
 
ユキは、この数日間にも、色んな事ができるようになりましたよ。
 
 
 
 

車を見て「ブゥ!」と言うようになりました。
アンパンマンには「アンパン!」とか「アパ!」とか言ってます。
意味が分かって使っているようなので「ブゥ」が初めての言葉に
認定されました。「ママ」じゃないのはちょっと不服なんだけどね。
 
 
自分の鼻が分かるようになったみたいで「ハナが出てるよ」と
教えると、鼻の穴に指をやるようになりました。ふき取るのは
もちろんまだ出来ないんだけど。
 
 
食事では、ホワイトソースやケチャップ味の洋風のものよりも、
青菜をゴマ和えにしたり酢みそ和えにしたものの方が大好き。
ゴマ、海苔、ヒジキ、切り干し大根★LOVE。純和風。
 
 
デパートやスーパーでも、私の手を振り払って1人で歩きたがる
ようになりました。エスカレーターに興味津々で寄っていくので、
すっごく危なっかしいんだけどw
  
 
こないだユキのウエストを測ったら、なんと53cmもありました。
私とそう変わらないじゃん!…なんて大見栄をはってみたりw
いよかんやトマトみたいに酸っぱいのが好きだから、もしかして
妊娠してるのかも!?w
 
 
「むすんでひらいて」の歌にあわせて、歌詞の通りに手を握ったり
ひらいたりできるようになりました。もとから「にぎにぎ」はお得意
だったからねぇ。
 
 
自分の顔を見るのが楽しいらしく、アルバムや鏡で自分をながめて
取り上げるまでず~っとニヤニヤするようになりました。ナルシー?
 
 
イケナイことを注意されると、体をのけぞって抵抗したり、物を投げ
つけてきたりするんだけど、そこで私がさらに本気だして怒ると、
泣きながら頭をペコペコとさげて抱きついてきて、私が抱きしめ返す
までは泣きやみません。
きっと、許してもらえるまで不安なんでしょうね。
 
 
  
 
 
ユキは、ちょっと見ぬ間にも、日々 成長していますよ。
誰に似たのか、なかなか手強いワガママ小僧になりつつあるけどw
まずは無事に退院して、ユキに添い寝してもらってお昼寝でも!
 
 
こどもの体温と寝息は、しみじみと幸せを感じていいものだよ。
ね。おじいちゃん。 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (10)

2007年2月13日 (火)

もうすぐ春ですね

11日。
近所の海で開催された、凧あげ大会に行ってきました。
 
 
親子でエントリーすると、ゼッケンと変わった形の凧を貸してくれて、
プロの凧あげ師(?)が色々と教えてくれるみたいでした。
ウチはまだチビッコなので、今年は見学のみ。
めちゃくちゃ風が強くて(特に海岸だから)、走らなくてもグイグイと
凧は上空へ。参加者は少なめだったけど、それでも壮観でした。
  
Dsc01913_1
こどもよりお父さんがはりきってましたw
 
 
 
 
せっかくなので、ユキも大凧と記念撮影↓
Dsc01927
 
Dsc01928_1
 
Dsc01929
大凧に並んで立って欲しいのに、コッチに歩いてきちゃう。
しかも、両手は常にキョンシー状態。(古い?)
海のむこうに美しい富士山も見えて、大満足でした。
 
 
 
帰りに、公園にある池のカモとちゃっかり者のハトに餌付けをして、
花の美術館に行ってみました。
Dsc01942_1  Dsc01947
なのはな、なのはな、いちめんのなのはな。
 
もうすぐ春なんですね~。自然とウキウキしてきちゃいます。
菜花の苦味がまたいいのよねぇ。大人の味って感じ。
 
 
 
 
と、母が菜の花を見てヨダレを垂らしているそばで
Dsc01954_1
ユキは自主練。
 
 
最近ようやく、ハイハイより歩く方が楽しくなってきたみたいです。
嬉しそうに顔をくしゃくしゃにして、危なっかしげにヨタヨタ歩いて、
最後は倒れ込むようにしがみつかれると、もうほんとにたまらなく
いとおしく思っちゃいますね。←バカ。バカ。親バカ。
 
 
 
歩けるようになってくれて嬉しい。
立派に成長してくれて嬉しい。
私を全身で求めてくれて嬉しい。
私のこどもとして生まれてきてくれて、ほんとに嬉しい。
 
 
 
こどもに抱きしめられる度、ついつい大げさに思ってしまいます。
感激しすぎ? まぁ、これも春なので!
 
 
 
 
 
*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆ ゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆ ☆*゜ ゜
 
 
 
 
  
12日。
今日はユキをバァバに見てもらって、幼馴染みの まる と買い物に
行ってきました。
 
 
 
 
私が欲しいもの。
 
 
 
 
Dsc01898_2
それは、メガネです。
 
 
ユキの魔手によって再起不能にさせられました。
母の顔をいじるのが大好きなユキは、メガネをしていると邪魔に思う
らしく、わしづかみにして強奪&ポイ捨て!
それを繰り返していたら、ああ、こんなことに。。。(ノД`)
 
 
 
 
まる に教えてもらったメガネの激安ショップzoffに行ってみたものの
いまいちピンとくるものがない。
その後、サイゼリアでお茶をして、もう2件見て回ったけど収穫なし。
カルフールで、ジィジ用にバレンタインのチョコを購入し帰宅。
お目当てのメガネは買えなかったけど、まるとゆっくりおしゃべりが
できて楽しかったです。 
 
  
 
 
 
まる は、すっごくイイヤツなんだけど誰とでも友達になれるのが
災いしてか、男の人とも友達どまりになってしまうことが多かった。
(なんて書いたら本人に余計なお世話だ!と、どつかれそうだw)
 
 
でも、1年前に彼氏ができて、なかなかうまくいってるそう。ウシシ。
彼氏との進展具合について聞くと(こおゆうのってオバサンかな?)
いつもウヤムヤな返答しか返ってこなかったんだけど、
今回はなんだか結婚についても「なきにしもあらず」的な雰囲気が、
そこはかとなく漂っていました。
 
うーん!
コチラも春だねぇ!
 
 
 
 
私がオトコだったら、拉致ってでも嫁にしたい人No.1の まる。
彼氏にはまだ会わせてもらってないけどイイヤツだといいなぁ。
結婚式のスピーチも、もうすでに私の頭の中では完成してるけど、
暴露話にならないように、もっと推敲を重ねないと!
(↑こんなこと書いたら頼まれないな、きっとw)
ユキも呼んでもらえたら、こないだ買ったスーツで大丈夫だけど、
私が着ていく服がないな~。こまったなぁ。
ああ、でも、そんなことより!
結婚して、もし新居が遠くなるようだったら全力で阻止しなければ!
 
 
 
なぁんて。 
勝手に色んな作戦を考えて、妙にウキウキしてしまいました。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (8)

2007年2月11日 (日)

人体の不思議展?

9日。
ふたたびT耳鼻科へ行ってきました。
左耳の鼓膜近くにあって、取りきれなかった耳あかをとってもらいに。
 
そこで不思議なことが。。。
 
 
 
泣き叫び大暴れするユキをふんじばりつつ、T先生が細いハサミの
ような器具を入れて、せっせと耳あか取りをしているのを見ていたら、
ユキの左耳から1cmほどのガーゼのようなものが出てきた!
 
 
 
「ええっ!!???」 Σ(゜Д゜;
 
 
 
と驚いてる私に、T先生はニヤリとしてその物体をゴミ箱へポイ。
 
あれは何?
ユキの耳にずっと入ってたの?
えええええ!どゆこと!?
愕然としている私を放って、T先生はルーペで耳の中を確認。
 
 
 
「ハイ。よく頑張ったな~。これでもうすっかりキレイになったよ。
 カルテにGoodって書いとくからね~。ホラ」
 
 
 
T先生は、ユキのカルテに「Good」と書いて見せてくれた。
 
いやいや先生、違うって。ヾ( ̄0 ̄;
そんなのより、さっきの謎の物体を見せておくれよ~。
でも言えなかった。
なんせ、ユキの絶叫がものすごかったから他の患者さんの
迷惑になると思って早々に退散してきちゃった。
ああ、でも聞いてくれば良かったなぁ。気になるぅ! 
 
 
 
夕方。
バァバがユキとお外で遊んでいた時、新聞配達のバイクの音に
びっくりしたのか、ユキがいきなり抱きついてきたんだそう。
 
ユキは音に驚いたり怖がったりするなんて今までなかったので、
もしかしたら、急によく聞こえるようになったのかも?
今まで、ユキは色んな音を聞き逃していたのかも。もしそうなら
可哀相なことをしていたんだなぁ。。。 (ノ_・。) (ノ_-。)
 
 
 
 
*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆ ゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆ ☆*゜  
 
 
 
 
10日。
最近のユキはムラ食いがすごくて、2人前くらい食べてしまう時と、
ほとんど食べない時があります。

この日はものすごい食欲で、なにかに取り憑かれたかのように
パクパクといつまでも食べるから、いまにお腹がはちきれるんじゃ
ないかと怖くなったので強制的に「ごちそうさま」をさせました。
 


「いや~。今日はよく食べたよねぇ」
 


なんてバァバと話しつつ、ユキのオムツを替えようと思ったら、
こ、これはいったいどうゆうこと!!!??????
よく見て! 分かるかなぁ!?
 
 
Dsc01906
おへそに白いアイツ(米粒)が!
 
 
 
ユキはいつも、上下つなぎの肌着を着ているので、食べていた
ご飯が入り込むなんて考えられないんだけど。
まさか、ほんとうにお腹からあふれ出た? んなアホな。
 
洗濯した時に混じったのかな~。
最近、色んな所にやたらと白いアイツが出没している。
ユキ本人だけでなく、私の頭や背中にもくっついてることがあるし、
靴下なんていつもモチモチしてるしw
外出した先でふとお弁当をつけた自分に気付くこともあるけど、
もうそんなことは、まさに日常茶飯事。 
 
 
ああ。 
だんだん、細かいことが気にならなくなってきた自分がコワイ。
 
 
 
  
 

| | コメント (8)

2007年2月 8日 (木)

診断!

6日は、ぽかぽか日和でした。
 
せっかくなので、ちょっと遠出してみようと、チャリで2つ隣の駅にある
セレブな街までGO!
海浜公園にステキな遊具を見つけました。
 
 
Dsc01877_1
チャリで近づいてる内から「アウッ!アウッ!」とかなり興奮気味で
指をさすユキ。降ろしたらハイハイで突進していきました。
最近「あっち行け、こっち行け」と指示が多くなって、母はまるで
おかかえ運転手 兼 家政婦 兼 ミルクスタンド。
 
でも、今回は「アウトドア☆オパーイ」がないように、バナナとお茶を
持参しました。念のため、赤ちゃんせんべいとパンも。
ただの散歩でピクニックじゃないんだけど、用心。用心。
 
 
 
で。
この遊具、中は迷路みたいになっていて、外には3種類の滑り台が
あって、ユキでもたっぷり楽しめました。
 
 
迷路の中のトンネルにて。 
Dsc01895_1 こっちにおいで~。
 
Dsc01896_1 わーい!かぁちゃーん!
 
Dsc01894_1 ズベッ!!
母は爆笑。まんまとひっかかりおって。 ψ(*`∀´)ψ ケケケ
 
 
 
 
 
遊具の近くには大きな砂場もありました。
チャリの荷台に、お砂場遊びセットを放り込んできて大正解☆
 
Dsc01887_1
母が掘った穴に入って遊ぶユキ。
ズボンや靴下や靴がどうなったかは、ご想像におまかせします。
もういい。こうなったら好きなだけ堪能しておくれ~。
穴に入ったまま、バナナとお茶を補給し、遊び尽くしたユキでした。
 
 
 
 
 
7日。
たんさん に教えてもらったT耳鼻科に行って来ました。
 
ユキは1月にM耳鼻科で「浸出性中耳炎」と言われ、処方された
お薬を使って1週間後また行くと「治った」とのことでした。
ところが、いまだに両耳に指を突っ込んでグリグリといじるので
耳の入口を爪で切ってしまうらしく、両耳から出血するようになり
ました。
なので、セカンドオピニオンを聞きたくて病院変更☆
結果は… 
 
 
 
 
 
「浸出性中耳炎じゃないよ。耳あかが原因ですね」
 
 
 
 
 
ぬぁにぃ ━━━━━━( ̄д ̄;)━━━━━ぃ !!??????
 
 
T先生いわく。
こんな小さな子が「浸出性中耳炎」になるとは考えられない。
鼓膜のすぐ近くに耳あかがあって、吸引してもビクともしないし
先の尖った細いハサミのような器具で取るにも危険なので
「中耳炎」という診断にしたんじゃないかな?
そもそも「浸出性中耳炎」だったら、点耳薬では治らない。
 
 
てことは、まったく必要のない薬を使ってたの!?
そんな診断アリ!!???





M耳鼻科。キレイで設備も整ってて、なにより電話予約ができるから
最初に選んだんだけど、実はちょっと不信感もありました。
 
M先生が「これは中耳炎ですね。最近、風邪を引かなかった?」と
聞いてきたんだけど、ユキはすこぶる元気でした。
そう伝えると「中耳炎は風邪を引いてからかかることが多いんだけど
おかしいなぁ」と言い、処方されたのが点耳薬と風邪薬。
 
 
 
薬局で受け取りながら「風邪じゃないのに飲ませるのかなぁ」と
思ったんだけど、処方されたとおりに風邪薬を飲ませました。
1週間後、経過を診せに行くと「中耳炎は治ってるね。風邪薬は
飲み切っちゃって。点耳薬はあと3日は続けてね」とのこと。
 
風邪薬は残り5日分くらいあったけど、やっぱり納得いかなくて
捨ててしまいました。
(治ったんならいらないだろー。それにもともと風邪じゃないし)
点耳薬は言われたとおり3日続けましたが、最初に2本も処方
されていて、1本の半分も使い切らないで終了。
(この用法用量で2本も処方するなんておかしくないか?)
  
それに、納得いかないことがまだある。
M耳鼻科では先生の診察の後、酸素マスクみたいな物から
蒸気がでているのを嗅がせるように指示されるんだけど、
病院が大嫌いなユキは大暴れして拒否。しかもマスク破壊。
 
「無理ならいいですよ~」
 
と看護士さんに言われたんだけど、無理ならしなくてもいい
処置ってなに?
その蒸気を吸わせる処置は何のためにするのかという説明は
まったくなくて、「治りましたね」と言われた日も、同じようにその
機械を使うようにうながされ、同じようにユキは暴れ、同じように
「無理ならいいですよ」と言われた。
うーん。。。
薬を多く処方するのと言い、この機械と言い、要は保険点数を
稼ごうとしているようにしか思えない。(気のせいかもだけど)
 
という気持ちだったので、たんさん にオススメの耳鼻科を教えて
もらったんだけど本当に良かった!
ユキが暴れて先生の股間にケリを入れても優しくしてくれたし、
おじいちゃん先生で高齢な分、耳鼻科道(?)に熟練してる感じ
がしました。
まだ1つ、鼓膜近くの耳あかがとれなかったので明後日また
行ってきます。 
 
 
病院で、しゃくりあげて大泣きしたユキ。
耳鼻科は全身を押さえつけられるから、特に大嫌いのようで、
病院を出てからもしばらく思い出しては泣き出していました。
 
明後日もまた行くしな~。なんとかご機嫌をとらないと。。。
 
と思ったので、病院の近くにあったスーパーで買い物をして
公園でまったり一休みすることに。
ユキには、リンゴジュースと赤ちゃんせんべいを購入。
母には、コーヒーと焼き芋(ちょうど焼き上がってた)を購入。
ベンチに並んで座って食べました。焼き芋ウマー。
それから、滑り台とブランコで遊んで帰ってきました。
 
 
 
いい病院、いい先生と出会うのって難しい。つくづく思いました。
 
 
 
 
  
 
 

| | コメント (12)

2007年2月 6日 (火)

近況。

3日。
節分はバァバの誕生日でした。
 
 
 
最近のバァバは、我が子(私)よりもユキといる方が断然楽しい
らしい(そりゃそうだ)ので、お祝いのつもりで、みんなで海まで
ピクニックに行くハズでした。
 
が。
要は肴である、ユキが昼寝から起きない。
 
朝からせっせと大人用とユキ用のお弁当をこさえたってのに、
大人達は空腹が我慢できなくなって先に食べてしまい、結局、
2時過ぎに起きたユキもお家で食べました。
私の苦労はいったいなんだったのか、と…。 (-。-;)
 
 
すでに外出する気力が萎えた私は、図書館に行くと言うジィジに
ケーキを買いに行かせました。地図まで書いて、買うお店を指定。
私的には、久々にクリームたっぷりこってりのケーキらしいケーキが
食べたかったのに、ジィジはシフォンケーキを購入。
ちっ。
美味しいけどフワフワしすぎて、食べた気がしない。
 
 
「なんでコレなのよー。センスない!」
「空気ばっかで、身が入ってないじゃんよー」
 
 
と、散々、私に文句を言われるジィジ。
よく考えたら、ジィジは病人だった。
もっとよくよく考えたら、主役はバァバだった。
そりゃ、「我が子より孫の方がかわいい」と言われる訳だよねー。
 
 
 
 
 
4日。
幼馴染みの まる 宅にユキと一緒に遊びに行きました。
何か持ち寄ろうかとメールでやりとりしたのが、家を出る一時間前。
パンは朝から仕込んでいたけど、買い置きの食料も少なかったので
他に作れる物がない。
 
でもなぁ。
材料を入れれば、後はパン焼き器が自動で焼いてくれるパンだけを
持っていくのはラクしすぎだよね。
てことで、急遽、乏しい材料でクリームシチューを作りました。
 
 
 
Dsc01833
パンはさつまいもとゴマ入り。米粉も入れたのでモチモチ。美味。
で、問題のシチューの材料は…
・じゃがいも
・玉ねぎ
・しいたけ
・ルッコラ
・チョリソーソーセージ
・ユキの離乳食用に作っておいたクリームソース
 
どんな組み合わせだ!!???
ほんと、残り物で作った感がまざまざと出ているシチューでした。
 
  
このクリームソースは、イモ類が苦手なユキに食べてもらおうと
大量に作ったものなんだけど、結局べーっと吐き出されてダメ。
ユキが食べないなら、いつまでも冷凍してとっておいても仕方ない
ので全部投入。私とまるの胃袋に消えていきました。
 
 
そんなユキのお弁当は…
 
Dsc01834
・バナナ
・ほうれん草のゴマ和え
・帆立と椎茸のおかゆ
 
どうやら和風の味付けがお好みのようです。
 
 
 
 
 
その後、また近所の公園に行ってカモに餌付けしてきました。
今日のカモ達は、かなり積極的。
投げたパンくずを空中でキャッチするのはいいんだけど、ちょっと
コワイかも。。。
動物大好きのユキは、大興奮でした。
 
 
Dsc01843
特に白いヤツが積極的。カモメ?
 
Dsc01845
ユキが投げるパンくずは、川べりから10cmほどの所に落ちるので
カモも食べたいけど近寄れないといった、妙な緊張感がありました。
 
誰も食べてくれず、どんどんフヤけていくパンのことなど、ユキは
もちろん全く気にならない様子で「あいッ!あいッ!」と、楽しそうに
投げてましたw
 
 
 
 
 
おまけ。
最近、ユキができるようになったこと。
 
★自分で寝っ転がる。
 赤ちゃんはいつも寝てるから、寝っ転がるのなんて普通にできそう
 なんだけど、ユキは今までできませんでした。
 最近、布団を敷くとハイハイでやってきて「どっ…こいせ!」ていう
 感じで転がるけど、いつも目測を誤るので布団からはみ出ます。
 眠くなったら自分で寝っ転がって、寝てくれるようになるといいなぁw
 
★テレビを見ながら踊る。
 「ぐるぐるどっかーん」や「ぱわわぷ体操」を見ながら、バンザイや
 拍手をして、自分なりにマネてるつもりみたい。
 かなりテンポは遅れてるしちっとも踊れてないんだけど、そこがまた
 面白くて良し。NHKの子供向け番組ってよく出来てるな~と感心。
 
★自分で食べる。
 私が食べさせようとすると絶対に口を開かない。ちょっと前までは
 「ンッ!ンッ!」とユキが食べたい物を指示するので、それを口に
 運んであげてたんだけど、全部自分でやりたくなったみたい。
 ユキの食べ方の傾向としては、デザート→ごはん→おかずの順に、
 食べきっていく方法。一点集中型。まんべんなくランダムに食べる
 のはできないみたい。
 
★おしっこが分かる(らしい)。
 ウンチの時は「う~ん」とリキむので分かりやすいけど、おしっこを
 した時に、たまに股間を見て手で押さえる仕草をするようになった。
 「おしっこがでた」って、自分でも分かるようになったみたい。
 これが「でるよ~」って事前に教えてくれるようになると、ほんとに
 万々歳なんだけどなぁ!
 
★たまに言葉が出る。
 ユキは大抵「アッ!」とか「ンッ!」とかで色々と表現するんだけど、
 ごくたまに「ママ(まんま?)」とか「ワンワ」とかいった言葉も出てる
 ような気がしないでもないw
 でもまだまだ、意味を理解して使ってる感じがないので、今のところ
 「初めての言葉」と認定されてはいないんだけど。
 それらしきものばかりだけど、いよいよ発語もそろそろかな!!???
 
 
 

| | コメント (8)

2007年2月 2日 (金)

男子、厨房に…?

今日は、某ネットサークルの新年茶話会に行って来ました。
(腰はだいぶ良くなりました。みなさま、心配してくれてありがとう!)
 
 
毎度お世話になっている幹事の がっつさん が車を出してくれて、
のぞみさん親子と一緒にまずはランチへGO!
幕張プレナにある、アジアンバイキング「バンブーバリ」。
子供用のイスがないのはイタイけど、料理は種類も多く美味しくて
またぜひ来たいと思いました。
(しかも、お店をでる12時半近くには入口に行列ができてました)
 
ユキは、キッズ用のライスバーガーはお気に召さなかったようで、
上海チャーハン、ロールケーキ、ハス茶を堪能。
バイキングは全品制覇!が鉄則だった私ですが、さすがにユキを
抱っこして何度も料理を取りに行くのは腰のことも心配だったので
断念。それでも4往復はしたかなw 次回はもっと食べるぞ!
 
 
 
その後、茶話会の会場である39MAMへ移動。
ここで他の親子さん達とも合流し、総勢13組(だったかな?)で
パワー全開のこども達をキッズスペースで放牧してきました☆
しかも思いがけず、めんまさん親子にも会ってビックリ!
千くんが元気になっていてホッとしました。今度、また一緒に
遊びましょうね~。 ( ^-゜)v
 
今日のユキは、キッズスペースの色んなオモチャの中でも、
木製のキッチンセットが気に入ったようで何度も台所に入っては
なにやら忙しそうに遊んでいました。
 
 
Dsc017932
まずは、ケロさんの娘ちゃんと。
 
 
Dsc017962
次に、まつまゆさんの娘ちゃんと。
 
 
Dsc018042
さらに、Jママさんの娘ちゃんとも。
 
 
 
女の子と遊んでばかり。うらやましいヤツ。
今回、ボールプールや滑り台よりも台所を選んだのは、もしかしたら
女の子がいるからかも? うーん。知能犯め。
 
 
 
てことで、母はイタズラしちゃうw
 
 
 
Dsc01805
背中にしょわせてみました。
なにを?
 
 
 
Dsc01809 
モンキー!
 
 
 
Dsc01808
初めは嫌がってたものの、また台所に行って、せっせとお料理。
そうか。
ユキは女の子目当てじゃなく、料理が好きなオトコだったのね。
じゃあモンキーをとってあげよう、と下ろして横に座らせると…
 
 
 
 
Dsc01810 
「あいっ!」と言いながら、モンキーにバナナをあげてました。
これには母もビックリ!
バナナは偶然だろうけど、もうこんな風にも遊ぶんだぁ。発見!
 
 
 
 
 
たくさん遊んで、たくさん食べて、行きも帰りも がっつさん の車で
気持ちよく昼寝して、ユキは大満足な1日になったんじゃないかな☆
がっつさん、本当にありがとう! いつもいつも大感謝です!!

ちなみに。
ユキは、周りのこども達を見て刺激されたのか、ウチに帰ってから
歩く自主練を始めましたw なんとか5歩くらいは歩けたかな~!?
春までには歩けるようになってくれ! 母の腰のためにも!
 
 
 
  
 

| | コメント (10)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »