« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月

2007年3月12日 (月)

神様の警告

とっても心配なことがありました。(注:超長いしヘビーだよ!)
 
 
 
ジィジは6日に退院してから、思ったよりも元気そうでヒマを
持てあましてるようでもありました。
 
 
 
 
ところが、10日の夜中。 
お昼寝をしたため眠れなくなったと言って、午前3時まで、
居間でゴロゴロしたりテレビを見たりしていたかと思うと、
なにやら不可解な行動をするようになったそうです。
私はユキと一緒に寝ていたので、朝になってバァバから
聞きました。
 
 
「お茶をくれ」と言ったので、バァバが用意して持っていくと、
ジィジは新聞紙を几帳面に小さく折りたたんでくわえている。
「何をやってるんですか?」と聞くと「お茶が飲めないんだ」
と答えた。
 
 
なんかおかしいな、と思ったバァバが寝ないで様子を見て
いると、トイレに立ったジィジが廊下でキョロキョロしている
ので聞いてみると「トイレはどこにあったかな?」と言った。
などなど。
 
 
 
 
 
 
11日の朝。
ユキと一緒に居間に行ってみたら、ジィジはうなだれて座って
いました。そしてバァバから夜中の様子を聞かされた。
 
 
ジィジは、頭の回転が速く、物事の因果がはっきりしていないと
納得できなくて、他人の些細なミスや言い間違いまでもビシッと
正すような人。
それに比べて、バァバは天然ボケの大雑把で、よくジィジに
厳しく怒られていました。
 
だけど、この日のジィジは、そんな活き活きとした憎々しい
ところが全くなくなっていました。
 
 
 
 
私とバァバで、一日中 様子を見ていました。
 
大好きなテレビもDVDも見ず、新聞を意味もなく小さく小さく
折りたたんでおでこにあてたり、果物を食べようとテーブルを
スプーンでつついたり、酸素のチューブを入れ歯と間違えて
くわえたり、探しものを始めても自分が一体 何を探していたか
分からなかったり。
 
 
 
時間が追うに連れて、不可解な行動が増えていくようでした。
 
 
 
昼頃、バァバに病院に電話するように提案。
「日曜日だし先生もいないだろうし…」とバァバは消極的だった
けど、とにかくダメ元で電話。
当直の看護士さんに状況を話したら、主治医から電話をもらえ
るように手配してくれることになって、その後、主治医の先生に
ジィジの様子を説明すると
 
 
 
「脳に障害が起きているかもしれない。月曜に予約外でも診る
から来て下さい」
 
 
 
と言われました。
 
 
ジィジは、夜には「トイレに行く」と立ち上がって5分ほど居間を
ウロウロして、そのままそこでズボンを下ろそうとしていました。
慌ててトイレに連れて行っても、便座を上げて用を足すことや
最後には流すことなどを忘れていました。
 
 
 
 
本人も、自分でおかしいことをしていると気付くこともあるようで
「ボケちゃったみたいだな」「ねねちゃ、俺、どうしよう?」などと
私に聞いてきてはガックリしていました。
でも次の瞬間には、ボンヤリした様子でまた不可解な行動を
していたり。。。
 
 
 
 
 
12日。
長兄が来て、病院まで送り迎えをしてくれることに。
 
出かけるとあってか、久しぶりに長兄に会ったからか、ジィジは
昨日よりも随分シャキッとしていました。
携帯用の酸素ボンベの操作方法で、トンチンカンなことを言って
いたけど昨日よりはまだちゃんとした会話になるし、その様子に
ちょっと安心。
 
 
私とユキはお留守番なので、みんなのお見送りをし、汚れ物の
始末や洗濯、ジィジの好物ばかりを買いに行き、ジィジがいつも
いる居間から見える花壇をキレイに手入れしました。
 
ユキは誰もかまってくれないのでワガママも言うけど、ちゃんと
お昼寝もしてくれたし、どこにでも付き合ってついてきてくれた
ので、だいぶ仕事がはかどりました。
 
 
 
 
 
夕方、みんなが帰宅。
まずジィジ本人に、診察結果や病院での出来事について聞いて
みる。以前のようにキチンと順序だって話せていないんだけど、
ちゃんと分かるように説明をしてくれたし、バァバ達に確かめても
内容に間違いはなかったです。
 
 
私もバァバも、脳への転移か脳血管の塞栓を疑っていたけど、
尿量が減ったためにアンモニアが体内に充満して、脳に影響が
でたんだろう、とのこと。
脳症の一種ではあるらしいけれど、改善の余地はあるみたい。
 
 
 
 
 
ジィジはその後も、テレビや新聞を見ながら色々と話しかけて
きて「このニュースは つまりこういう事だよね?」などと、自分が
内容を把握できているか、ひとつひとつ私に確認してきました。
どれも、ちゃんと正しく分かっていました。
 
 
 
 
 
バァバが、病院に向かう車の中での出来事を話してくれました。
高速の出口を間違えて降りてしまい、ナビでは修正したルートを
示して左折するように言ってるのにジィジが「右折しろ!」と、
しつこく運転している長兄に怒鳴ったそう。
 
「どうして?ナビは左折って言ってるじゃない?」
「右折しないと松ヶ丘に行けないだろう!」
「今日はT病院に行くんだから、松ヶ丘は関係ないでしょ」
「なんでだ!松ヶ丘に用があるんだろうが!」
 
 
 
 
しばらく、車内でジィジの怒鳴り声は続いた。
でも、この短気さはジィジらしい行動。不可解なものではないの。
 
 
松ヶ丘は私がユキを出産した助産院があるところ。
お腹が大きくなってから、健診に行く度に、ジィジに車で送って
もらっていました。どうやらその時の記憶がよみがえってきて、
ゴチャ混ぜになってしまったみたい。
 
 
 
病院に着いてから、予約外だったので長い間 待たされることに
なった時もジィジは
 
 
「俺はもう大丈夫だから、バァバは帰りなさい」と言うので
「どうしてですか?」と聞くと
「今日はねねちゃも病院に行くんだろうが!アイツの方が
大変なんだから行ってやれ!」
 
 
と怒鳴ったんだそう。
自分の考えがすぐ伝わらないとカチンときて怒鳴り散らすのは、
ジィジの性格。昨日はそんな元気もない無気力な様子だった
ので、これはいい傾向なんだけど、言ってることはメチャクチャ。
 
 
 
「自分が絶対に正しいと思ってすぐ怒鳴るからイヤになるわ」
と、バァバが私に話していたら、黙って聞いていたジィジが
 
 
 
「ま、バァバの話はだいぶ誇張されてるんだけども(照笑)。
それにしても、俺、やっぱり、ねねちゃのことが一番、いつも気に
かかってるみたいなんだよな~」
 
 
 
と、私の背中をポンと叩いてサラリと言ってました。
 
 
 
ヒトの頭って、同時に、大小様々な色んな事を考えてるけれど、
行動に移る時は、その中の一つにスポットライトがあたってる
ようなものだと思う。
うまくライトが一つのことに当たれば、自分の意志で、思った
ように行動ができるんだろう。
昨日のジィジはアンモニアの自家中毒(?)のせいで、ライトが
クルクルと落ち着きなくまわって、結果、意味不明の言動に
つながったんじゃないかな。
とういのが、私の痴呆に対するイメージ。勝手な解釈。
 
 
 
そんな混乱した頭でも、私のことが気にかかっていたなんて、
いつも私のことが頭の中にあるなんて、とても嬉しかった。
本当は、申し訳ないと反省しなきゃいけないんだろうけど。
 
 
私が未婚で出産する、1人で助産院に入院し出産する、という
ことがジィジには心配で心配でたまらなかったのだろう。
助産院へ送迎してくれた時も、面倒くさそうにイヤイヤながらの
様子で、私をいたわってくれるようなことはなかったけれど、
やっぱり心配してくれていたんだなぁ、とジーンときちゃいました。
 
 
 
 
 
介護が必要になった時。
 
ユキもいて、私にどれだけお世話してあげることができるだろう。
どんなことができるだろう。
とても、考えさせられました。
ジィジの様子は心配だけど、状況はそこまで悪くなってない。
 
  
   
「今のうちに、知識も体力も余裕も準備しておかないと!」
今回のことは、そう神様に警告されたような気がしました。






 

| | コメント (10)

2007年3月 6日 (火)

退院

今日、ジィジが退院してきました。
 
 
 
次兄が有休を取って娘(みったん・4歳)と一緒に車を出して
病院までお迎えに行ってくれました。
私は、みんなのお昼にと思って自然食レストランにお弁当の
買い出しに行きました。
バイキング形式のお店なので「お持ち帰り」でオーダーすると
お弁当容器をくれ、自分で好きなお総菜を詰められるという
もの(1人前1100円)。思ったよりも容器が小さかったので、
 


「ご飯はスーパーで おこわ でも買えばいいや。それよりも
ここはオカズ狙いで行こう」
 
 
 
などという さもしい考えで、容器からこぼれそうなほどオカズを
せっせと山盛りに積んでいました。
そんな姿を哀れに思ったのか、支配人のオジサマがつつっと
寄ってきて
 
 
 
「焼きたての卵焼きも、どうぞお召し上がり下さいませ」
 
 
 
と、パックをそっと手渡してくれるのでした。
黄色いカタチの整った美味しそうな卵焼きがたっくさん。
 
 
 
「今、コックに焼いてもらったので熱いですからお気をつけを」
 
 
 
などと言って、ドアを開けてお見送りまでしてくれました。
こっぱずかしい気分。
でも、ラッキー☆
ジィジ、卵焼きが大好きなのよ。ありがとう支配人さん。
(ちなみに、お弁当は4人前分つめたんだけど、お昼と夕食に
なったのでシッカリ元は取れてるかも。取りすぎ?)
 
  
  
その後、ル・グレ館にて、イチゴや桜のケーキなども購入。
みんなで、ワイワイと楽しいお昼になりました。
ユキとみったんと、こどもが2人もいると本当に賑やか。
ジィジも「今日は食欲があるなー」と自分でも驚くほど食べて
いました。(と言っても、以前の3分の1位の量だけど)
 
 

 
 
 
ジィジは肋骨への放射線照射の副作用で間質性肺炎という
難病にかかってしまいましたが、これを治す分のクスリを
服用すると肝臓に負担がありすぎるということで、量を減らして
処方されているため、非常に治りづらいとのこと。
 
入院した時も、この肺炎と肋骨ガンのために肺がふくらみにくく
なって、血中酸素飽和度が異常に低く「死んでてもおかしくない」
と言われたほど。
退院した今も、その状況に変わりはないので、酸素ボンベを
設置して常に鼻から吸入しています。
 
 
 
そのチューブを、ユキが引っ張ったり、みったんがつまづいたり
して、その度に私とバァバは大慌て。
吸入がないと、安静にしてる分には苦しいなどの自覚症状は
ないけど、脳に酸素がいかなくなって危険と言われているので。
 
うーん。
ユキに説明しても分からないだろうし、どうしたものか。。。
明日は、大幅に家具の配置を替えて、うまくチューブを隠さないと
いけないなぁ。 
 
 
 
 
 
 
ジィジは、ユキが歩いたり「あんぱん!」と喋るのを見て驚いて
いました。22日ぶりに会っても、ユキはニコニコ笑って泣かな
かったし、その上「じっじじぃじっっじ」と「ジィジ」らしき言葉まで
かけたので、ジィジ大喜び。
 
実を言うと、3日前くらいから写真を見せて「ジィジ」の練習を
していたの。「かーちゃん」はまたもや後回し。まぁ、仕方ない。
 
 
 
 
まだまだ油断のならない状況だけど、やっぱり、ウチで一緒に
生活できるだけで、なんだか安心しちゃうな。
お医者さんには
 
 
 
「スーパーとか人の多い所への外出はダメです。でも、お孫さんと
散歩に行くのはとてもいいことだから是非トライしてみて」
 

 
と言われたそうなので、体調を見て、もっともっと春めいてきたら
ピクニックに連れ出してみたいな☆
あー。でも、ようやく落ち着いた感じ。やれやれだぁ。 
 
 
 
 
 
 
*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆ ゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆ ☆*゜ ゜ 
 
 
 
 
 
どーでもいいような話なんですが。(記念にw)
 
 
 
姪っ子みったん と遊んでいたらカミナリがなったので、窓を
閉めに他の部屋へ行ったら、みったんがバァバに
 
 
 
「あの黄色い服を着た女の子はどこへ行ったの?」
 
 
 
と聞いたんだそう。
みったん はまだ私が「叔母」でユキが「従姉妹」なんだという
関係性が分かっていないし、どうやら私の名前も覚えてない
みたい。
 
 
 
 
それにしても「女の子」かぁ。。。
 
 
 
 
「女の子」ねぇ。。。
 
 
 
 
ちょっと恥ずかしいけど、ちょっと嬉しい一言でした。
でも、名前くらいは覚えておくれよ~。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (5)

2007年3月 5日 (月)

あんぱん

最近、ユキがよく歩きよく喋るようになりました。
 
 
 
もう、以前のようにキョンシー状態ではなく、両手をわきに下げて
めちゃくちゃフツーにスタスタと歩いてます。
(3,4日前はヨタヨタ歩きだったのに。あっちの方が可愛かった)
 
 
買い物に行けば、手をつなぎたがらず、あっち行きこっち行きして
ちっとも前に進めないし、エスカレーターを何往復もしたがるし、
商品の値札をこっそり付け替えるしで、も、大変。
ウチの場合は、ほとんどバァバと一緒にお買い物に行くので、
大人2人が付き添いしててもこれだけ体力を消耗するんだから、
ママさんがマンツーマンで買い物したら、さぞかしさぞかしぃ…
ああ、想像するだけで くたびれる!
 
 
 
育児って「体が資本」ですね。ほんとに。
 
 
 
ウロチョロと、眠る時以外は常に歩き回るようになったユキさん。
意味があって使えてる言葉は「アンパン(マン)」と「おいちー」の
2つになりました。
…。
…。
…。
 
なんで、「かーちゃん」が言えないのよぅ!(ノД`)
 
 
 
アンパンマンなんて、ウチではアニメを見せてもないし、オモチャ
だって積み木とブロックとピコピコハンマーがアンパンマン商品
だけど、キティちゃんやスヌーピーのぬいぐるみも、ミッフィーの
絵本もあるのに、なんでそう毎日毎日ものすごく嬉しそうに
 
 
  
「あ~ん、ぱっん!」
 
 
 
と言うのかね。(-。-;)
今日、アンパンマン煎餅の包装紙を切り取って、アンパンマンの
顔をタンスに張ってあげたら大喜びで、ニヤニヤと見つめては
いじくりまわし、最後にはチュウまでしていました。
恐るべしアンパンマン。こどもの心をわし掴みだぜ。
  
 
 
 
 
「おいちー(美味しい)」は、ほっぺに手をあてつつ小首をかしげて
言うんだけど、私が作ったご飯を食べてる時に「美味しい?」と
聞くとニヤッと笑ってクールにスタスタと歩き去ってしまう。
でも、パイを飲んだ後に「美味しかった?」と聞くと、
 
 
 
おいちぃー♥♥♥♥♥
 
 
 
と照れ笑いしながらもハッキリ答えてくれます。オパイ星人め!
私の料理がそんなに気に入らないのかYO!
大人のご飯よりも、めちゃくちゃ手が込んでるんだZO!
 
今日なんて、ホワイトソースも手作りで、ニンジンもジャガイモも
蒸してから使って(煮るより美味しいし栄養があるんだって)、
手間ひまと時間をかけてドリアを作ったのに一口食べただけで、
二口目は「もういらない」と舌でスプーンを押し返して口に入れる
ことさえも拒否。(こおゆうところ、すっごく頑固)
結局、白米とほうれん草を煮ただけのものを食べてました。
ユキが和食党なのは分かってるんだけど、子供らしいメニューも
食べさせてみたかったのになぁ。明日はヒジキでも煮るか。。。
 
 
 
 
 
で、オパイ星人なユキさん。
 
ユキのご飯を済ませて、今度は私がご飯を食べてたら、白米と
ほうれん草だけでは足りなかったらしく(そりゃそうだ)、必死に
手をにぎにぎして「パイを出せ」と要求。
「おかあさんのご飯が終わるまで待っててよ~」と言ったら、
私のシャツをたくしあげズボンをずり下げて、腰を露出させて
ちゅ!ちゅ!ちゅ!ちゅ!ちゅ!
 
今までも、パイが欲しいのにもらえない時には、胸元から手を
突っ込んでダイレクトにパイをにぎにぎしてはいたけど、最近は
膝小僧や太もも、つま先など、肌が露出しているところに口を
寄せるようになりました。
くすぐったいし、足下に這いつくばってすることじゃないでしょ!
   
 
 
夜 寝る時も、添い乳で満腹になったら一度 起きあがって、私に
もたれかかり、私の頬にほっぺをつけて、首もとに口を寄せて
うつぶせに寝たいらしい。
私も抱っこして寝かしつけるのが面倒なので、ユキが寝付くまで
そのままの姿勢で我慢するけど、寝息で熱いし こそばゆいしで
大変! 寝違えみたいに首やら肩やら痛くなってきた。
 
なんか、日に日にユキの「甘えん坊将軍」ぶりが激しくなっている
ような気がしてならない…。
こどもって皆、こういう時期があるものなのかな!?

 
 
ここまで甘えるくせに、「かーちゃん」は言えないのよねぇ。
なんで「アンパン」なのよ。納得いかないわ~(。-`ω´-)ウヌゥ
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (6)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »